アロママッサージの効果と利用においての知識

オイルの種類

マッサージされる

アロマセラピーとは、植物から抽出したエッセンシャルオイルなどで、病気の予防や治療、心身のリラクゼーション効果を得る行為です。
長い歴史を持ち、アラビアやヨーロッパで古くから行われてきた民間療法です。
この効果と手技を合わせたのがアロママッサージで、身体に直接オイルを塗る事によって、皮膚の毛細血管から成分を効率的に吸収させます。
マッサージで血行が良くなっているため、身体の隅々にまで効果が行き渡る利点があります。
同時に芳香は嗅覚を刺激するので、アロマセラピーと同様リラックス効果が期待できます。
好きな香りを嗅ぐと、人はストレスが減り穏やかな気分を取り戻せる研究が発表されているので、身体だけでなく心にも良いのがアロママッサージです。

アロママッサージに使用するオイルは、本人の身体の状態や好みに合わせて変わりますが、専門店などでは人気のオイルや流行のオイルも存在します。
甘く酸味を感じるオレンジやレモンをはじめ、優雅なローズやラベンダーは常に人気が高い種類です。
注目度が高いのはメディカルハーブで、薬用植物から抽出する事で薬効成分の含んだオイルが出来上がります。
マッサージに利用し身体への吸収が行われると、薬効成分が期待でき、美容だけでなく健康にも良いとされています。
アロママッサージは風呂上りなどの血行が良い状態で行うのが最適で、オイルを準備すれば自宅でも簡単にできます。
自分に合ったオイルがわからない時は、知識の豊富なスタッフがいる専門店で行ってもらうのが確実です。

アロママッサージの効果と利用においての知識

Copyright © 2015 アロママッサージの効果と利用においての知識. All Rights Reserved.